塗り替えのタイミング

HOME > 塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミング

外壁塗料は雨風や紫外線などのダメージから家を守るために外壁に塗るもの。もし塗膜がはがれてしまったら、家をこれらのダメージからしっかり守れません。よく見たときに汚れ、ひび割れ、チョーキング(触ると手に白い粉がつく)等があれば、家を守る力が低下している証拠です。放置すると、雨水や湿気が外壁にしみ込んで建物内部を腐食させるなど、住まい自体にダメージを与えてしまうので、処置が必要となります。

チェックポイント

ヒビ割れ
躯体の動きや温度変化、乾湿などによって生じます。水は小さなひび割れからでも浸水し、放っておくと壁だけでなく建物の内部までにも影響が出てしまう可能性があり塗り替えの時期の目安としてお考えください。例え小さなヒビ割れでも年月が経つと大きくなることもあるので、早めの対処が適切です。


白い粉がつく
外壁に触れると手が白く汚れることはありませんか? これがチョーキング現象で、塗料が劣化して防水性を損なっていることを示すサインです。まるで、白いチョークを触ったような汚れが付くため「チョーキング」と呼ばれています。こちらも一つの塗り替え時期の目安となります。


シーリング切れ
新築の時は上から塗装をせずに、シールそのものがむきだし状態のため、紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。特に、家の北東側より陽のあたりがつよい南西側の劣化が激しくなります。そのため、のちのちの雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直し工事が必要になってきます。専門用語では「打ち替え」ともいいます。打ち直しをせずに塗装も可能かもしれませんが、せっかく足場を組んで工事するわけですから、多少の費用は加算されてしまいますが、長持ちするということを考えれば、必ずやっておいたほうがいいでしょう。


サビ
サビは一戸建ての場合、トタン屋根や雨樋の金具板金などに発生します。サビの発生は放置するとサビが進行していき内部まで腐食してしまう可能性があります。こうなると塗装どころではなく大規模な修繕が必要となりますので、サビは広がる前に早急な処置が必要です。

リーズナブルプラン
スタンダードプラン
ハイグレードプラン

伊藤塗装では「工事が完了したら終わり」ではなく「工事が完了してからお客様との本当のお付き合いが始まるのだ」という思いから最大10年保証とさせていただいております。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

株式会社伊藤塗装
■事業所
名古屋市北区若鶴町40番地
TEL:052-903-8347
FAX:052-325-6433

■岐阜営業所
岐阜県可児市清水ヶ丘3-36
TEL:0574-63-5445
FAX:0574-63-5445